マイナーダイアトニックコードの機能

LINEで送る
Pocket

 

マイナースケールは3種類あるため、3種類のダイアトニックコードが有り、各コードには機能があります。

メジャーダイアトニックコードの機能は3種類に分けられていましたが、今回ご紹介するマイナーダイアトニックコードは、なんと5種類に分けられているのです。

さっそく、機能のご紹介に移りたいところですが、まずダイアトニックコードのおさらいからしていきましょう。

マイナーダイアトニックコード3種類

それでは、念のため3種類のマイナースケール、「ナチュラルマイナー」「ハーモニックマイナー」「メロディックマイナー」を見てみましょう。

スケールが3種類ある分、コードの種類も多くあります。 そのため、あまり見慣れないコードもありますね…。

機能は5種類

マイナーダイアトニックコードのおさらいが終わったところで、さっそく機能についてご紹介していきます。

以下、一覧をご覧ください。 ※♭M7+は常用コードでは無いので省略します。

【トニック マイナー】

  • m7
  • mM7
  •  ♭M7
  • m7(♭5)

【サブドミナント マイナー】

  • m7
  • m7(♭5)
  • M7
  • 7

【ドミナント マイナー】

  • m7

【サブドミナント】

  • 7
  • m7

【ドミナント】

  • 7
  • dim7
  • m7(♭5)

以上のように分かれています。

ナチュラルマイナーのダイアトニックコードには【トニックマイナー】【サブドミナントマイナー】【ドミナントマイナー】の3種類しか含まれていませんが、その他2種類のダイアトニックコードに【サブドミナント】【ドミナント】が含まれています。

 

サブドミナント、ドミナントの存在

マイナーダイアトニックコードには5種類の機能が出てきましたが、メジャーダイアトニックコードにも登場した「サブドミナント」「ドミナント」がまた登場しました。

ナチュラルマイナースケールの特徴でもある、第7音(短7度)は主音との音程が全音になってしまう為、主音へ向けての収束感が弱くなります。

これを補うために、ハーモニックマイナーやメロディックマイナーが存在し、それらのおかげで「7」という主音への収束感が強いコードが生まれました。

つまり、マイナーKeyにおける「サブドミナント」「ドミナント」は主音への収束感を出すうえで重要な存在になっていることが分かります。

 

Ⅴm7はドミナント感が弱いが…

先ほども言いましたが、スケールの第7音(短7度)を含むm7は主音への収束感が弱いです。

下の画像をご覧ください。 ※Cm7 は分かりやすいようにコードトーンを並び替えています。

Key:Cmを例にすると、Gm7の「シ♭」と「ファ」がCm7の「ド」と「ミ♭」へ流れますが、両方とも全音になってしまいます。 ※メジャーダイアトニックは両方とも半音。

その為、半音の流れを持つドミナントの「7」が使われることも多いですが、逆に言うと3種のマイナースケールの中でも第7音が短7度になっているスケールはナチュラルマイナースケールだけなので、「m7」はその特徴を活かしたコードとも言えます。

 

最後に

今回はマイナーダイアトニックコードの機能をご紹介させていただきました。

マイナーKeyの楽曲の大半はナチュラルマイナーを基準に作られている為、分析をする過程で訳の分からないコード進行が出てきたときは、ハーモニックマイナーやメロディックマイナーのダイアトニックコードが使われていないか検証してみてください。

※まったく訳の分からないコード進行の楽曲もあります…

 

また、楽曲制作、アレンジの際はハーモニックマイナーやメロディックマイナーのダイアトニックコードを取り入れてみると、一味違った曲が出来るかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket