エオリアン(Aeolian)

LINEで送る
Pocket

 

今回はエオリアンのご紹介です。

いつものごとく、「モードとしてのエオリアン」と「調性内のコードスケールとしてのエオリアン」の2つの観点からのご紹介をさせていただきます。

エオリアンとは

エオリアンはメジャースケールの第6音から並べたものです。

「メジャースケールの第6音から並べたもの」ってどこかで聞いたことが有りませんか?

そう、ナチュラルマイナスケールと同じなんです。

つまりナチュラルマイナースケール=エオリアンなんです。

エオリアンと言われると聞き馴染みが有りませんが、マイナースケールと言われるとなんだか安心感すらありますね。

度数表示

エオリアンを度数で表すと以下のようになります。

ナチュラルマイナースケールはメジャースケールの3度、6度、7度が半音下がったものでしたよね。

もちろんエオリアンも同じです。

 

完全1度(ド)

長2度(レ)

短3度(ミ♭)

完全4度(ファ)

完全5度(ソ)

短6度(ラ♭)

短7度(シ♭)

 

ナチュラルマイナースケールの事を知っていればわざわざ覚える必要もないので楽ですね。

※()内はCエオリアンの構成音

 

特性音

では、モードとして見たエオリアンの特性音をご紹介します。

エオリアンの特性音は「短6度」です。

これはドリアンとの区別をするための重要な音で、唯一違う音です。

ちなみにドリアンの6度は「長6度」です。

 

アボイドノート

では、次に「調性内のコードスケールから見たエオリアン」についてです。

エオリアンは、「Ⅵm7」の時に使われるコードスケールで、アボイドノートは「♭13th(短6度)」です。

この「♭13th」は「コードトーンの5度」と「短9度」の関係になり、不協和音度が高いという理由からコードトーンともテンションとも扱えない音となります。

 

最後に

いつものごとくモードの雰囲気を掴む練習法をご紹介いたします。

伴奏を「Am7」のコード1つにして、主音の「ラ」と特性音の「ファ」を中心にアドリブをします。

Aエオリアンの構成音は「ラシドレミファソ」です。 アドリブはこれらの音を使います。

 

これに慣れてきたら他のマイナー系のモードと入れ替えながら練習するのも良いと思います。

例)伴奏は「Am7」のコード1つ。 「Aエオリアン」と「Aドリアン」を4小節ずつ入れ替えてアドリブ演奏をする。

先ほどもご紹介したように、「エオリアン」と「ドリアン」の違いは6度だけですから、エオリアンの「短6度」を半音上げて「長6度」で演奏すればいいのです。

ちなみに、Aドリアンの構成音は「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ#、ソ」です。

 

ギター向けのアドバイスになりますが、まずは自分がソロを弾きやすい1オクターブのポディションを決めてください。 そこで「エオリアン」と「ドリアン」の両方のポディションの形と主音の位置、特性音の位置を覚えます。

また、余裕があれば他の音もルートに対して何度の音なのかを1つ1つ意識して覚えます。

 

これを何度も繰り返しているうちにおのずといろいろなスケールを覚えることが出来るようになります。

全て覚えて演奏できるようになるには時間がかかりますが、それだけの価値はあるので是非やってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket