エオリアンのモーダルハーモニー

LINEで送る
Pocket

 

今回はエオリアンのモーダルハーモニーのご紹介です。

エオリアンはナチュラルマイナースケールと同じくメジャースケールを第6音から並べ直した形のモードです。

 

では、さっそくエオリアンを見てみましょう。

エオリアンの構成音である「完全1度」「長2度」「短3度」「完全4度」「完全5度」「短6度」「短7度」の各音を3度堆積で重ねていくと以下のようになります。※下の画像はAエオリアンです。

役割

では、エオリアンの機能分類をしていきましょう。 エオリアンの特性音は「第6音」です。

【主和音】はルートの上に3度堆積で出来たコードで、【1類】は特性音がコードトーン(トライアド部分)に含まれた7thコードです。  ※Ⅱ m7(♭5)の減和音コードはどこにも分類されません。

これらのルールを当てはめると以下のようになります。

主和音

  • m7

1類

  • m7
  • M7

2類

  • M7
  • m7
  • 7

 

最後に

エオリアンでよく使われるコード進行は

  • m7 → ♭ M7 】
  • m7 →  m7 】

です。 

これらのコード進行を使ってモードセッションを楽しんでみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket