アイオニアンのモーダルハーモニー 

LINEで送る
Pocket

 

今回はアイオニアンのモーダルハーモニーのご紹介をさせていただきます。

まず、おさらいですが、モーダルハーモニーはモードから出来たコードの連なりの事で、それらは3種類の機能に分けられます。(詳しくはモーダルハーモニーのページをご覧ください)

 

では、さっそくアイオニアンのコードを見てみましょう。(※今回はCアイオニアンでご説明します。)

アイオニアンはメジャースケールと同じなので、コードも同じです。

しかし、モードは調性感にとらわれない様にしなくてはいけませんから、各コードの役割(機能)が違います。

役割

モード上のコードの役割を決める為に重要なのは「特性音」です。

それを元に分けると以下のようになります。 ※()内はCアイオニアンのコードです。

 

主和音

  • ⅠM7(CM7)

1類

  • Ⅱm7(Dm7)
  • ⅣM7(FM7)

2類

  • Ⅲm7(Em7)
  • Ⅴ7(G7)
  • Ⅵm7(Am7)

※Ⅶm7(♭5)はどの機能にも分類されません。

 

中でもメインで使われるのは【主和音】と【1類】のコードです。

【2類】のⅤ7を使うときはⅤ7sus4 もしくは Ⅴ△(トライアド)にして使います。 ダイアトニックコードで「Ⅴ7」はドミナント機能なのでメジャースケールへの傾斜が強い為、このようにして使う必要があります。

 

最後に

以上がモードのアイオニアンから出来たコードと、機能分類でした。

 

モードに関するコード進行はシンプルなものが望まれます。

典型的な例としては ⅠM7→ⅣM7 の進行や、ⅠM7→Ⅱm7です。

 

逆にⅡm7→Ⅴm7→Ⅰm7の進行はメジャースケール感(調性感)を連想させてしまうのでモードとしては避けた方が良いです。(詳しくは別のページでご紹介します。)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket