リディアンのモーダルハーモニー

LINEで送る
Pocket

 

今回はリディアンのモーダルハーモニーのご紹介です。

リディアンとはメジャースケールを第4音から並べ直した形のモードです。

では、リディアンの構成音を3度堆積してコードを作ってみましょう。※下の画像はFリディアンです。

リディアンの第3音は「長3度」なのでメジャー系のモードという事が分かります。

役割

ではリディアンの役割(機能)を分類していきましょう。

 

主和音

  • Ⅰ M7

1類

  • Ⅱ 7
  • Ⅶ m7

2類

  • Ⅲ m7
  • Ⅴ M7
  • Ⅵ m7

※#Ⅳm7(♭5)はどれにも分類されません。

 

リディアンの特性音は「増4度(#4)」です。1類のコードは特性音が含まれていることから主和音に次いで重要なコードとされています

ちなみに#Ⅳm7(♭5)はルート(根音)が特性音ですが、コードが「減和音」の為、どの機能にも分類されません。

 

最後に

リディアンのモーダルハーモニーでよく使われるパターンは

Ⅰ M7→Ⅱ (トライアド)」のコード進行です。

「Ⅱ 7」はメジャーダイアトニックコードに置き換えると「 7」のドミナント機能なので、メジャースケールの主和音への進行を暗示してしまう為、モーダルハーモニーではトライアド(3和音) もしくは 7sus4 にして使用します。

これらのコード進行を使って是非リディアンの演奏してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket