ミクソリディアンのモーダルハーモニー

LINEで送る
Pocket

 

今回はミクソリディアンのモーダルハーモニーのご紹介です。

ミクソリディアンはメジャースケールの第5音から並べ直した形のモードです。

 

ミクソリディアンは「完全1度」「長2度」「長3度」「完全4度」「完全5度」「長6度」「短7度」から出来たスケールで、それらを順に3度堆積でコードを作ると以下のようになります。

※下の画像はGミクソリディアンです。

役割

ミクソリディアンのコードの役割(機能)は以下のようになります。 ※()内はGミクソリディアンのを例にしたコードです。

主和音

  • 7 (G 7)

1類

  • m7(D m7)
  • M7(F M7)

2類

  • m7(A m7)
  • M7(C M7)
  • m7(E m7)

m7(♭5)はどの分類にも入りません。

 

最後に

ミクドリディアンのモードでよく使われるコード進行は 「Ⅰ (トライアド)」→「♭ M7」 です。

Gミクソリディアンを例にすると、 「G」→「F M7」 の進行です。

 

主和音の「 7」はメジャースケールで言うところの「 7」になるので、モードで使用するとメジャースケールへの傾斜を連想させてしまいます。

その為、「 7」は「Ⅰ (トライアド)」もしくは 「 7sus4」にして使用します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket