コードスケール

LINEで送る
Pocket

 

これまでは代表的なスケールとして

  • メジャースケール
  • ナチュラルマイナースケール
  • ハーモニックマイナースケール
  • メロディックマイナースケール

の4つを中心にご紹介をしてきました。

しかし、それらのスケール以外にもたくさんのスケールが存在します。

今回はその中でもメジャースケールを基準にして考えやすいダイアトニックコードのコードスケールをご紹介いたします。

コードスケールとは?

ダイアトニックコードには各コードを基準にしたスケールがあります。 

調性(Key)の中で「コードトーン」+「テンションノート」+「アボイドノート」で構成されていて、コードのルート(主音)から並べたものをいいます。文章で書くとなんか難しそうですが、要は簡単です。 下の例をご覧ください。

例) Key:C で「G7」のコードスケールは コードトーン「G、B、D、F」 と テンション「A、E」 さらに アボイドノート「C」を足して合計7音をコードのルートから並べ直した形となり、「G、A、B、C、D、E、F」となります。

これは各コードで作れ、一つ一つにスケール名があります。

度のコードスケール】

  • アイオニアン

度のコードスケール】

  • ドリアン

度のコードスケール】

  • フリジアン

度のコードスケール】

  • リディアン

度のコードスケール】

  • ミクソリディアン

度のコードスケール】

  • エオリアン

度のコードスケール】

  • ロクリアン

※随時、各コードスケールのご紹介をしていきます。

 

先ほどの例で言うと、Key:Cの「G7」 は「Ⅴ7」ですから、「Gミクソリディアン」というスケールになります。

 

簡単にコードスケールを考えると

コードトーンとテンションとアボイドノートと… なんて話はしましたが、もっと簡単に考えることが出来ます。

結局はメジャースケール内の構成音で出来ているわけですから、各コードのルートから音を並べれば良いのです。

要するにメジャースケールの

  • 第1音から並べたものが「アイオニアン」
  • 第2音から並べたものが「ドリアン」
  • 第3音から並べたものが「フリジアン」
  • 第4音から並べたものが「リディアン」
  • 第5音から並べたものが「ミクソリディアン」
  • 第6音から並べたものが「エオリアン」
  • 第7音から並べたものが「ロクリアン」

このように考えることが出来ます。

これなら並び替える必要もないので簡単です。 ただし、どの音がコードトーンで、テンションで、アボイドノートなのか把握していた方が良いです。

 

逆算してスケールを求める

例えば、Cフリジアンの構成音を求めたい場合、逆算して求めることが出来ます。

もちろん、フリジアンのスケールを度数で理解し、演奏できるのが一番望ましいです。

しかし、初心者はそうはいきません。(私もあまり得意ではありません)

そこで、簡単な方法をお教えします。

フリジアンはメジャースケールの第3音から並べた形でしたよね?

つまり、Cを第3音(長3度)として持つメジャースケールの構成音こそがCフリジアンの構成音なのです。

 

Cを第3音(長3度)として持つスケールは「A♭」です。

つまり「A♭」のメジャースケール「A♭ B♭ C D♭ E♭ F G」をCから並び替えた「C D♭ E♭ F G  A♭ B♭」がCフリジアンという事になります。

 

最後に

これらのスケールを理解することで、コードに合わせたメロディの作成がしやすくなります。

また、反対にメロディに合わせてコードをあてることも可能になりますので、非常に実践的な理論だと思います。

コードスケールの各ページでご紹介いたしますが、全てのコードスケールには特徴があり、ボサノバっぽく聞こえたり、スパニッシュに聞こえたりします。

セッションの際は、これらの理論を応用して、ソロを弾くと非常に楽しいです。

是非、ご活用ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket