メジャースケール(長音階)

LINEで送る
Pocket

 

スケールというのは音の並び(音階)を表すもので、並び方によって数多くの種類が存在します。

メジャースケール、マイナースケール、ペンタトニックスケール、などは一部に過ぎず、名前を挙げだしたらキリがありません。

今回はその中でも一番ポピュラーな「メジャースケール」のご紹介をしていきたいと思います。

 

※今回の音は英音で表記が含まれています。 良く分からない方は下記の図を見てください。

メジャースケールについて

メジャースケールと言われても、なんのことだかさっぱりだと思いますが、「ドレミファソラシド」実はこれもメジャースケールなんです。

ドレミファソラシドは「ド(C)」が基準で並んでいる為、「Cメジャースケール」と呼びます。

つまり、基準の音の名前を頭に付けて「〇メジャースケール」と呼ばれるのです。

(ちなみに和名は「ハ長調」と言いますが、現場でその言葉を使ったことはありません。演奏ジャンルにもよるのかもしれませんが、このページでは英音表記でご紹介していきたいと思います。)

 

ドレミファソラシドは「ド(C)」を基準して 全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音 という順で並んでいますよね。

つまり、ある基準の音から 全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音 の順で音が動いていく物をメジャースケールというのです。

全音半音のことが分からない方はこちら

ちなみに度数表示だと基準の音から 「完全1度」 「長2度」 「長3度」 「完全4度」 「完全5度」 「長6度」 「長7度」 の並びになります。

 

それでは別の基準音で例をご紹介いたしましょう。

「ミ(E)」を基準とした場合のメジャースケールは先ほどの順で数えると、「ミ」 「ファ#」 「ソ#」 「ラ」 「シ」 「ド#」 「レ#」 となります。

つまり、これを音符にすると、下の図のような音階となります。

これがEメジャースケールです。

 

KEY(キー)との関係性

Eメジャースケールの#の付き方を見て何か気づきましたか?

#が付いたのは 「ファ」 「ソ」 「ド」 「レ」 ですよね。

 

KEYについて」でご紹介したページをご覧になられた方はもう一度思い出して下さい。

そう、これはKEYが「E」の時に#が付いていた音と同じなんです。

つまり、KEY(キー)というのはスケールを元に考えられているのです。

 

逆に考えるとこうです。

KEY(キー)が「F」だった時の調合は何だったか覚えていますか? そう、「シ(B)」に♭を付けましたよね。

つまり、「ファ(F)」から音を並べ、「シ」に♭を付けるだけで、Fメジャースケールが出来ます。

もちろん、これも「F(ファ)」から 全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音 の順で並んでいます。

 

では、もし、Aメジャースケールだったら… 

KEY「A」の調合は「F」「C」「G」の3つに#でしたよね。

つまり、「ラ(A)」を基準に 「ラ」 「シ」 「ド#」 「レ」 「ミ」 「ファ#」 「ソ#」 としたらAメジャースケールの出来上がりです。

 

このように考えると、簡単にメジャースケールの構成音を把握することが出来ます。

 

最後に

以上でメジャースケールについてのご紹介は終わりです。

今後もこのメジャースケールを基準にして音楽理論は展開されていくので是非覚えておいてください。

例えば、メジャースケールの構成音を重ねていくとコードが出来ます。 よって、KEY(キー)に適したコードを知ることを出来ますし、逆にコード進行が分かれば、使われているコードからKEY(キー)を判別することもできます。

この方法についてはまた別の機会にご紹介していきたいと思います。

LINEで送る
Pocket